立直後の他家の動向

南1局、全員2万点台で比較的平たい状態で後半戦です。
7巡目に親からドラ切りの立直が入りました。

これを上家がポン。
そして手出し発。
まだどれくらい手が進んでいるのか分かりません。

自分は9pを持ってきて聴牌するには5mと9pの2牌を押さなければならず。
親リーとドラポンに挟まれて愚形2つでは厳しいです。
よって中の暗刻落としをします。

下家は無筋は切っておらず、ドラポンの上家も無筋は切ってませんでしたが。
ここで6s切り。
9sの片筋ですが無筋。
巡目もかなり深くなってきて聴牌の可能性は充分考えられます。

自分は3mが立直の現物でしたが完全安牌の中を切りました。
そして下家が3mを切ったら

上家がアガリました。
12000です。
3m切らなくてよかったですね、無駄な放銃になってしまうところでした。

親からの立直、ドラポン、自分の手は愚形2つで2牌通さなければならない。
これだけ悪い条件が重なれば字牌の暗刻落としでかなり引き気味に打った方がいいでしょう。
そして巡目が深くなってきてから危険牌を切ってきた他家も要注意です。
あとあとの安牌を残すなんてことはせずに、その瞬間に通る牌を切りましょう。
今回のように無駄な失点を回避できることがまぁまぁあるかと思います。

スポンサーリンク
広告


広告


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告