条件戦での見逃しの選択

特南にて。
東4局、対面が残り1300点。
上家のトップ目親と12000点差の5本場。
満ツモでトップ。
白ツモってカン4mの聴牌。
リーヅモでトップですが対面から出た場合にどうするかが気になるところでした。
ダマにする選択はツモってしまうとツモ白一盃口の1300-2600更に5本場で
対面が飛んでしまって2着終了。
それよりは立直してツモればトップなのでダマよりは立直かなと思いましたが、
果たして自信のないカン4mを見逃してまでトップ狙いに固執するのかどうか。

ということでツイッターでアンケートをとった結果

全27票
【52%】立直して全部アガる。
【33%】立直して対面からは見逃し。
【4%】ダマにして対面からとツモはアガらず。
【11%】その他。

こうなりました。
立直して全部アガるが一番多かったですね。
条件あるけども流石に間張見逃しはリスク高過ぎるってことなんでしょうかね。

ちなみに実戦の結果ですが、

親の追っかけをくらい、

一発でカン7mを掴み裏3で18000の放銃でしたw
自分の和了牌4mは暗刻で持たれて純カラ(笑)
そして3着落ち(悲しみ)

まぁこれはレアケースでしょうから結果は仕方ないと片付けていいとは思いますが、
今回の選択に関しては
「カン4mで立直して見逃しはしない」
を現時点での正着と捉えることにします。

スポンサーリンク
広告


広告


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告