回し打ち

下家が中を切って上家がポンしたところです。

自分は愚形の一向聴。
中盤戦で上家の河も濃くなってきており
スルーしては速度負けすると判断し7pポン。

自分聴牌打牌の4sを上家がポン。
捨て牌一段目三副露
捨て牌二段目二副露
捨て牌三段目一副露
は警戒すべき状況というセオリーがあります。
上家にもう1枚手出しが入ったら聴牌と読んで対処するのが一般的なのかなと私は思ってます。

下家から立直が入りいよいよもって緊迫した局面になってきました。

立直が入った後の脇の動向もみておかなければいけません。
対面は9m現物手出し(引き気味)
上家現物ツモ切り(不明)
2mを持ってきて赤5mは立直の現物、2mは現物ではない。
しかし上家に赤5mは現物ではない。
立直宣言牌前に切られている筋は少し安全になるのと
1m2枚見え2m2枚見えの情報から2m切りを選択。

対面8pツモ切り、上家3枚目北手出し。
自分は2pツモで通っていない。
7枚待ちの三面張で4s4枚見えで待ちは悪くはない。
立直に通っている筋が少ない為2p勝負する選択もあるが
実戦は両面とシャンポンに当たらない2s。

対面2m現物手出し、上家5m現物手出し。
ここら辺で脇の二人が降り気味な気配を感じとる。
自分6mツモでもう1枚2sを切って一向聴維持し聴牌復活を目指す。

脇の二人はそこまで強い牌が切っていない。
自分は6mツモで聴牌復活。
5pが通って2pは両面では当たらず
1p3枚見えで間張ワンチャンス
2p2枚見えでシャンポンワンチャンス。
このくらいであればということで2p切り。

その後も引いてきた牌は全て現物。
対面と上家の手出しも現物がぞろぞろと。

ということで想定通り二人聴牌で1500点の収入を得ることができました。
単純に現物を優先して切っていたら聴牌できていなかったかもしれません。
脇の動向を気にしながら自分の切る候補の牌がどのような形で当たりえるのか。
見えている牌の枚数をしっかりと確認しながら打っていくことが大事だと思います。
またこういった地味な作業を継続することで長期で良い成績を残すことに繋がるとも。
実戦の短い時間の中で行うのは大変なことですが何度も行うことによって段々と慣れてくると思います。
人間は慣れの生き物です。
自分がマスターしていない項目については常に考えながら行動して体に染みつけていきたいものですね。

スポンサーリンク
広告


広告


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告