くっつき選択(打点・場況・広さ)

特南にて。

南場3着目の親番。
中堅クラス以上の手をツモって浮上したいところ。
ここから何か1枚切ってくっつきの一向聴に構える手牌です。
打牌候補としては2m9p6sといったところでしょうか。

2mは両面ができる牌が3m1種類で残り3枚。

ピンズは端の4連形で両面ができる牌が5p2枚と7p3枚。
残り2枚の5pを持ってきての47pは悪くなく特に7pは対面と上家の河から場況よし。
その代わり7p持ってきての58pは既に4枚見えで薄め。

ソウズは場況は高いですが、
両面ができる牌2種ある上タンピン一盃口含み。

実質的な候補としては2mと9pの比較になるかとは思います。
ピンズの方が受け入れとしては広いんですが9pがあることによりタンヤオになりません。
マンズは14mの両面になれば一応タンヤオの可能性は残ります。

ツイッターでのアンケート結果は

全22票
【50%】打2m
【50%】打9p

見事に2mと9pで半々に割れました。
僕は今考えると2m切りそうです。
みなさんは何を切りますか。

スポンサーリンク
広告


広告


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告