速度感

8巡目になりました。
自分がアガリに向かう前提を条件とし
浮いている7mを切るとしましょう。
さあ何を考えますか。

平均聴牌巡目は9巡目前後と言われています。
ということはそろそろ他家から立直が飛んできてもおかしくない巡目。
に対して自分の手は愚形の二向聴です、これでは勝負になりません。
というわけで仕掛けを考えることになります。
123の三色目があるのでカン2pとペン3sは仕掛けた方がいいでしょう、次点でカン5s。

こういった遅い手を門前で進めていては和了率はかなり低下し、
他家からの先制攻撃を受けベタオリしジリ貧になってしまう展開が多くなってしまうでしょう。

逆にタンピン形の手であれば門前でも受け入れが狭くないですし、
鳴いた時と比べて打点もかなり違うので多少遅れていると感じても鳴かずに門前で進めるべき場合もありますね。

※1pが上家に対して筋、1sが対面に現物ということで、
アガっても見返りの少ない手であれば
門前で危険牌を打ち出さない守備的な進め方もあるかと思います。
今回は自分がアガリに向かうという前提でのお話でした。

スポンサーリンク
広告


広告


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告