速度感2

対面が9pをチーして5sを切ったところです。
自分の手牌と照らし合わせてどう感じるでしょうか。

1pツモってきて1手進みましたが愚形の二向聴です。
対面は普通の面子手風味で2副露、8p6m5sと手出し。
面子構成にかなり役立ちそうな真ん中ら辺がこれだけ手出しされたとあっては
かなり速度感あるとみるべきでしょう。

実際は58mの両面聴牌が入っていました。
自分の持ち点は少なく手牌も赤赤なので真っすぐ進めるところではありますが、
対面が聴牌していてもおかしくないという認識を持っているのといないのとでは大違いです。
自分の手が勝負形になっていない場合はこういうところから無駄な放銃はしないようにしたいものですね。

スポンサーリンク
広告


広告


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告